お子なし女のひとり言

日常の出来事や感じた事など気まぐれに綴っていきたいと思います。

単身赴任の妻になりたかった

結婚して30年、我が家では転勤もなければ、泊まりの出張もない。


おまけに夫は、お昼には家に帰ってきてご飯を食べる人。


これが嫌で何度か、お昼くらいは外で食べて欲しいと訴えた事がある。


でも、結局は今もお昼は家で食べる。

そして、私もご飯の用意をする。


昼ご飯の支度があるから、用事があって出掛けても、お昼までに帰る。

あるいは、ご飯を終えてから、出掛ける。


生活のために働いてくれているのだし、

私もそれくらいしなくてはと自分を納得させる。


でも、でも、やっぱしんどくなる時がある💦


だから、時々手をぬいたり、反省したり···


せめて、一度でいいから単身赴任の妻になりたかったよぉ~➰

癒しの日帰り入浴

私と夫は時々日帰り入浴へ行く。


もちろん、天然温泉です♨️


施設内に食堂もあるので、まず入浴前に

食事をしてから、入浴♨️


そして、入浴後にソフトクリームを食べる🍦


これが私達の恒例行事‼️


食事も安い物で500円で食べられるし、

入浴料金も回数券を買うと1回500円。


これ程身体を癒してくれるのだから、

お安いもんです。


ジャグジーの水圧がまるで、マッサージをしてるかのような気持ち良さで、腰痛持ちの私にとっては、まさしく至福のひと時なり···


これから寒い季節、ますます温泉が楽しみな

今日この頃です。

認知症サポーター養成講座に参加して

認知症の人や家族を見守る「認知症サポーター」の講座に参加した。

脳細胞の専門的なメカニズムから話しは

進んだ。

どうやら、脳の細胞がゆっくりと死んで萎縮するらしい。


認知症を誘発する一番の原因は何か⁉️


何もする事がない、、、ことらしい。

そして、財布を持たないことも···


それってつまり、父の今の環境そのもの⁉️


認知症の病院に入院しているのに、認知症を

促進している???


思い返すと、父の地元で入所できる施設を探すのに苦労した。


全介助で受け入れてくれる施設がなかなか

見つからなかった。


老人保健施設が見つかったけれど、認知症の対応が出来ないので、専門の病院に入院して

落ち着いてからにして欲しいと相談士に説得され今の病院に···


転院してすぐに、条件のいい老人ホームを見つけたが、空部屋がなく待機待ちの申し込みをしておいた。


結局空きの連絡がないまま、今に至る。


今の病院に入院しない方がよかったのでは···

もっと別に方法はなかったのかな···

そんな思いが私を苦しめる。


もしも老人ホームに入所していたら、

余生はもっと楽しくて満足できていたかも

しれない、、、


それを考えると可哀想でならないし、

つらい気持ちになってしまう···