お子なし女のひとり言

日常の出来事や感じた事など気まぐれに綴っていきたいと思います。

父永眠

31日夜、父が亡くなりました。


私と夫と日帰り温泉にいる時、

病院からの連絡で、そろそろあぶないと···


その後、亡くなったとの連絡が入り、

急遽病院へ向かいました。


病院に到着したのは夜中の12時頃。

先に姉夫婦が到着していたので、死亡確認は住んでました。


私が到着した時、父は既に担架に乗っている状態での対面となったわけです。


まるで、眠っているような顔でした。


昨日、身内だけの一日葬を行いました。


参列者は姉夫婦と私達夫婦の4人。


会場は綺麗な建物で、たくさんのお花に囲まれ、お坊さんにお経をあげてもらい、

安らかに見送れました。


ただ、寂しく哀しい気持ちです。


父が亡くなった寂しさというより、

わだかまりを持ちながら死に別れたこと。

私の想いが通じなかったこと。


最後まで和解出来なかったこと、

無念で仕方ありません。


父とまだいい関係の時、病院に行くと必ず

「今度いつ来る❓」と必ず聞いてました。


私を誰よりも信頼してくれていた父。


それが、誰よりも私を悪者にするように。


罵倒されても何度も会っていたら、

父の気持ちも変化してくれたのか。


答えの出ない想いが私の心を揺さぶる。